クリルオイルとは?

  1. トップページ
  2. クリルオイルとは?
クリルオイルとは

近年、“健康長寿の延伸”に寄与する成分として注目を集めている天然の油脂素材です。オメガ3系脂肪酸、リン脂質、アスタキサンチンを含有するもので、特にリン脂質結合型のEPA・DHAを豊富に含んでおり、それらは魚油由来オメガ3系脂肪酸(トリグリセライド型)に比べて人体への吸収性が高いことが分かっています。
また、現在、世界各国でサプリメントとして広く普及しており、脳機能、関節(抗炎症)、肝機能、
抗メタボなど、生体に対する様々な生理機能効果が報告されています。

含有成分

●オメガ3系脂肪酸

不飽和脂肪酸(二重結合を持つ脂肪酸)のうち、メチル基側の端から数えて3番目の炭素に二重結合があるものをオメガ3系脂肪酸と呼びます。青魚やクジラなど、海で生活する動物の脂肪に多く含まれています。生活習慣病の予防効果を示すことが報告されていますが、体内では合成できないため、積極的な摂取が望まれます。クリルオイルには主に2種類のオメガ3系脂肪酸(DHAとEPA)が含まれています。

●リン脂質

グリセリンに脂肪酸とリン酸が結合した複合脂質です。ヒトの生体膜を形成する主要成分でもあり、水になじみやすい親水性部分と、水になじまない疎水性部分の両方を併せ持っています。クリルオイルに含有しているDHAやEPAの多くはこのリン脂質と結合しています。リン脂質と結合していることにより、クリルオイルは油でありながら水と混ざることができ、その体内吸収の良さを実現しています。

●アスタキサンチン

主にエビ・カニなどの甲殻類、サケ・マスの身、タイ・コイの表皮などに含まれる、カロテノイド系色素の一つで、強力な抗酸化力を持っています。クリルオイルの鮮やかな赤色はこのアスタキサンチンに由来します。

●EPA(エイコサペンタエン酸)

オメガ3系の多価不飽和脂肪酸で、イワシなどの青魚の脂肪に含まれます。血流改善作用抗うつ作用、抗アレルギー作用などが報告されています。動脈硬化の進行抑制のための医薬品として用いられている他、「中性脂肪が気になる方の食品」という表示で、特定保健用食品となっています。

●DHA(ドコサヘキサエン酸)

EPA と同様、主に魚に含まれるオメガ3系の多価不飽和脂肪酸の一つです。脳機能の向上作用、視覚機能の維持作用などが報告されていて、「中性脂肪が気になる方の食品」という表示で、特定保健用食品となっています。